面白かった漫画・アニメ・ゲームの紹介や感想を中心に構成されたブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりのお仕置きイベントの後、庭でシエスタと遭遇。
シエスタの曽祖父は異世界からやって来たという事を思い出したので、
そのことについて詳しく教えてもらうことにした。
二匹の龍の一匹は日食に消え、もう一匹はどこかに落下した。
その龍にシエスタの曽祖父が乗っていたらしい。
さらに詳しい情報を得るため、シエスタの実家へ向かう事になった。

その頃ルイズは、謝るために才人を探していた。
「あの時は嫌で嫌で仕方なかったのに・・・。もーう、どうしてこんなに気になるのよ」
それがツンデレというやつです。

「言い過ぎたわ。ごめんなさい」
「許してあげる。有難く思いなさい」
上がデレ的謝り方で、下がツン的謝り方。

シエスタの実家に来てシエスタが一言。
「私の家にいらして下さい。うちの人にも、ちゃんと紹介したいですし」
お、ここで両親に彼氏の紹介ですか。

シエスタが家から持ってきた宝の地図をみていると、
キュルケ、タバサ、ギーシュと、いつものメンバーと出会う。
一行は、宝の場所に行くために洞窟に入ったわけだが、教員とルイズに遭遇。

宝は零式艦上戦闘機(通称:ゼロ戦)
そこで、教員が驚くべき一言
「君は、元の世界に返れるかもしれませんぞ」
零戦で日食に飛び込めば、元の世界に返れるという仮説が立てられた。

アルビオンがレコンキスタと国名を改名し、トリステインに宣戦布告!
水の精霊から奪った指輪の力で、アルビオンの国民の心を操っているらしい。
今、指輪をめぐる戦いが始まる。無事に指輪を捨てることができるのか。(違

次回 ゼロの使い魔 第13話 (最終話) 「虚無のルイズ

「ゼロの使い魔」キャラクターCD4 シエスタ&アンリエッタ編
ゼロの使い魔コンプリート
ゼロの使い魔〈4〉誓約の水精霊
ゼロの使い魔〈9〉双月の舞踏会
タバサの冒険—ゼロの使い魔外伝
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/25(日) 14:49 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。