面白かった漫画・アニメ・ゲームの紹介や感想を中心に構成されたブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本屋でレオと遭遇してしまった素奈緒
レオに「夏休みなのに、なんでわざわざあんたが私の前に現れるのよ」と言ってしまう。
この話の途中で、「あいつのことまだ許したわけじゃ・・・」とかツンデレ発言をしています。
前話に引き続き、この話でもツンデレだったので、これからも期待できそうな予感。

第4話の主役は、椰子 なごみ(やし なごみ)
彼女と父親との思い出がテーマとなっております。
初めは、素奈緒のことを子供みたいな香具師(奴)と思っていたが、
その熱心な眼差しと演技によってしだいに心を動かされ、
最後は感動して涙を流してしまう。

最後の方に生徒会室がちょっと映り、姫の「今回の私の出番これで終わり?」と
大根ネタ以外は受けねらいのネタが無かった。
初めから最後まで感動のストーリ、個人的に一番良かったと思う。(まだ4回しか見てないけどな)

突っ込みどころは、アイキャッチの姫のパンチラと、生徒会室にいた乙女の目が変だったことぐらいだな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。