面白かった漫画・アニメ・ゲームの紹介や感想を中心に構成されたブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メルティブラッド アクトカデンツァ

今年度の格闘ゲームの中で、一番期待しているタイトル(8/10発売予定)
ちなみに、略した「メルブラ」という言葉の方が有名。

ところで、「真月譚 月姫」はご覧になりましたか?
というのも、メルブラで使用できるキャラクターは、月姫の登場人物がほとんど。
原作やアニメで月姫の世界を味わっておいた方が、より楽しめるというわけです。

メルブラ初代はPCで発売され、「Melty Blood」というタイトル
正直に書くと、この頃の各キャラのバランス等は酷かった。
ネタとしか思えない弱すぎるキャラがいたり、即死コンボが存在する反則キャラもいたりした。
その第2作目の「Melty Blood Re:ACT」で、大幅なバランス調整やキャラの追加がおこなわれて、
格ゲーとして魅力ある作品になった。

その後、アーケードとしてゲーセンでもプレイすることが出来るようになり、
そのアーケード版をPS2に移植したものが、8月10日発売予定の「Melty Blood Act Cadenza」

で、「この格ゲーの魅力はどこだよ?」ってことになるのですが、
一般的な格ゲーは、超必殺技をいかにして決めるかが鍵になります。
通常攻撃や必殺技でゲージを溜め、一瞬の隙をついて瞬獄殺超必殺技を叩き込むというスタイル。
逆にメルブラでは、通常攻撃や必殺技のコンボが鍵となっている。
メルブラの超必殺技は、コンボとコンボを繋ぐ接着剤でしかなく、威力は必殺技とそれほど変わらない。
よって、キャラごとの通常攻撃や必殺技をすべて把握し、
より多くのダメージを与えるコンボや、見せるコンボ等を探す楽しみがある。
ゲージを消費しなくても、ライフの2/3以上を削る強力なコンボもありますので、ぜひ見つけて下さい。

また、月姫のアナザーストーリーとしても楽しめます。
アーケードモードは、COMが操るキャラを倒していくモードですが、
メルブラでは、対戦前にちょっとしたストーリーが存在します。
なぜ、そのキャラと戦うことになったのかという理由ですね。

Act Cadenzaでは、COM専用キャラであったあのキャラ等がプレイキャラとして追加されるので、
今までのメルブラをプレイした人も再び楽しめるのではないか。

真月譚 月姫 1 初回限定版
真月譚 月姫 2
真月譚 月姫 3
真月譚 月姫 4
真月譚 月姫 5
真月譚 月姫 6
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。