面白かった漫画・アニメ・ゲームの紹介や感想を中心に構成されたブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スターオーシャン Till the End of Time ディレクターズカット
スターオーシャン Till the End of Time ディレクターズカット ファイナルガイド

スターオーシャン
スターオーシャン[PS]、セカンドストーリー[PS]、ブルースフィア[GBカラー]、
Till the End of Time[PS2]の4タイトルがあります。
漫画化も少年ガンガンでされています。
ちなみに、戦闘難易度が高いので、ゲーム初心者にはあまりお勧めできません。
画質・音楽・ストーリはとても良く、
戦闘では、広大なフィールドを縦横自由に移動することができます。
戦闘難易度は先ほど述べたように、かなりの難易度です。
気を抜いていると、開始5秒で全滅することもあります。
戦闘中は常に油断できないので、他のゲームでは味わえない緊張感があります。

また、あきない工夫もされており、何回も楽しむことができます。
その工夫の例ですが、このシリーズはエンディングが複数あるマルチエンディングです。
なんとその数、数十種類
セカンドストーリーでは、ボイスコレクションという戦闘ボイスを収集するシステムもあり、
こちらもコンプリートするには相当の努力が必要で、
完全クリアをするには、300時間は最低かかると思います。

Till the End of Timeはのちに、ディレクターズカットがでました。
これはTill the End of Timeに、未収録の要素が追加されたものです。
今からTill the End of Timeを購入する人は、ディレクターズカットを買った方がいいです。
ディレクターズカットも2006/7/20に約3000円の廉価版が発売されますので、それまで待った方が良い。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。