面白かった漫画・アニメ・ゲームの紹介や感想を中心に構成されたブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついにホテルの一室でLと対面することができた日本警察は、順に自己紹介をする。
 L「バァーン! もし私がキラだったら死んでいますよ」
日本警察は、キラが殺しをするためには顔と名前が必要ということは分かっているらしい。

Lはキラに対する攻撃として、マスコミで1500人のキラ事件捜査員導入と報道することを提案する。
外にいるものすべてが敵に見え、キラを精神的に追い詰めるという作戦。
また、キラは単独犯というところまでLは推理しているようだ。
そのままLが、キラによるFBI殺害事件の推理を話す。

泊り込みで捜査している夜神局長に着替えを届けるため、月は日本警察に出向く。
受付で着替えを渡そうとした時、女性が受付の人と話していた。
 女性「キラ事件に関する重要なことなんです」
それを聞いた月はわざと、女性が興味を持つように「Lを出し抜ける」等と発言する。

見事に誘い込むに成功した月は、まずその女性にさりげなく名を尋ねる。
その後、二人はキラ事件に対するお互いの考えを話し合う。
 照子「私の考えが正しければ、キラは心臓麻痺以外でも人を殺せる」
さすがにこの言葉には、月も驚いた様子。
 照子「私の知り合いがたぶんキラに会っています」
  月「それなら会った本人が話したほうが良いのでは?」
 照子「その人はもうこの世にはいません。日本に入ったFBI捜査官の一人でしたから・・・」
その女性は、FBI捜査官レイ・ペンバーのフィアンセ。
表情には出さないが、月も結構動揺している模様。
そして彼女は、レイがバスジャックされた時にFBIのIDを見せた相手がキラだということまで推理していた。

HOW to USE DEATH NOTE
  If a human uses the note,
  a god of death usually appears in front of him/her within 39 days after he/her uses the note.
  死神は通常、人間がノートを使った39日以内に使った者の前に姿を現す。

  Gods of death, the original owners of the DEATH NOTE, do not do, in principle,
  anything which will help or prevent the deaths in the note.
  ノートの元の持ち主である死神は、そのノートでの死の手伝いや妨げになる行為は基本的にはしない。

原作を読んだ人は、今回のEDの声の出演の所に注目。
次回 DEATH NOTE -デスノート- 第7話「曇天

DEATH NOTE 1
DEATH NOTE TRIBUTE
DEATH NOTE (1)
Death note (10)
Death note (12)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。