面白かった漫画・アニメ・ゲームの紹介や感想を中心に構成されたブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あゆシナリオ
幼き日のあゆと祐一(あゆは今も精神的に幼い気もするが)
UFOキャッチャーであるが欲しいぬいぐるみをあるということで、祐一が取ってやると約束する。
 祐一「一度に2つ3つは当たり前だ」
構造的に、2つ以上は同時に取れないと思うが・・・。
UFOキャッチャーをはじめて数分後、
 祐一「2000円も使ってしまった。しかも1つも取れなかった」

[Kanon -カノン- 第12話 「異形の円舞曲 ~waltz~」]の続きを読む
スポンサーサイト
学校でちょっとした有名な川澄舞。
夜中に学校に忍び込んで窓ガラスを壊したことが過去にあり、何かある度に彼女が疑われるらしい。
で、今日も窓ガラスの件で舞が職員室に呼び出され説教された。

久しぶりに名雪と下校した時に、人気がでる秘訣を聞いてみるがそんなことないと言われる。
いろいろ考えながら廊下を歩いていると、学園舞踏会のポスターを見つける。
これに参加したら人気エクスプロージョンってなわけで、参加しようとするがドレスがないことに気がつく。
仕方がないので、ドレスを貸してくれる人を探すことになった。

言葉も話せず、笑うことも怒ることもあまりしない。
真琴から人間らしい感情が失われようとしている。
そこで美汐に無理を言って、真琴に会ってもらうことにした。

美汐が頭をなでて落ち着かせ、名前を尋ねる。
必死に思い出そうとする真琴、何とか思い出させようとする美汐
 真琴「ま・・・ま・・こ・・と」
言葉を話せず、記憶までも失いつつあった真琴が自分の名前を言えるようになった。
 美汐「じゃあ、この人のお名前は? あなたがいつも呼んでいた人でしょ」
 真琴「・・・ゆ・・う・・・・ゆ・う・・・い・・・ち・・・」
しかしこれも一時的で、もう一度熱をだしたらその時が別れの時となる。
 美汐「この子が望んでいたことがあるのなら、どうか叶えてあげて下さい」

まず、記事の前に謝罪させていただきます。
PCが故障してネットに繋げなくなり、2週間ほどブログが放置状態でした。
その間、トラバやコメントの承諾作業を行なうことができなかったので、
反映されるまでに時間がかかってしまいブログ管理者様にはご迷惑をおかけしました。
また、何度もアクセスしてくださった方にも本当に申し訳ない。重ねてお詫びします。

涼宮ハルヒのキャラクターソングvol.4とvol.5が届いた。(っても、だいぶ前の話になるが・・・)
構成は前3作と同様に、オリジナルソング2曲+ハレ晴レユカイとなっていた。
とりあえずオリジナルソングは華麗にスルーして、ハレ晴レユカイだけ感想を書く。

だんだん力が失われていき、箸を扱うこともできなくなった。
「春が来て、ずっと春だったらいいのに・・・」
「ずっと春だったら、真琴もずっと元気でいられる」

「10年前、祐一はものみの丘で怪我をした一匹の子狐を拾った。
手当てをしてやり、走れるようになるまでこっそり家においていた。
そいつを話し相手に、いろいろなことを話した。
しかし、自分の町に帰らなければならないので、いつまでも子狐と一緒にいることが出来なかった。
仕方なく、子狐をものみの丘に置き去りにしてしまった」

今回で6回目となる新刊コミックス発売カレンダー
チラシの裏に書かれたメモも、ついに半年を迎えたのか。

いつものように、左サイドバーに載せています。
サイドバーがない方は、トップページ

気が向いた時にちまちま更新するかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。